筋トレは何歳から始めても遅すぎることはない。思い立ったときがブレークスルー。


筋トレについて

私自身、筋トレはスポーツをやっている時に必要性を感じていましたが、
40歳を過ぎてからふたたび筋トレを始めて感じたこと

”筋トレって何歳になっても必要ではないか”


ということを感じています。

大女優の森光子さんや吉永小百合さんも筋トレを習慣にされているそうです。

森光子さん → 毎日スクワット100回
吉永小百合さん → 毎日腹筋と背筋100回

とのことです。
こんな大女優が活躍されている裏には筋トレがあったのですね。

思い立ったときが始まり、
それは70歳になっても変わらないのではないか、、、
そう思います。


世の中には

もう何かを始めるには歳を取りすぎた

いまからではもう遅い・・・

という声をたくさん聞きます。

ですが40歳を過ぎて筋トレ、超少食を始めて
人生が変わってきていると感じるわたしとしては

いつからでもいいんじゃない?
思い立ったときがブレイクスルー

と感じられます。

ですので、
世の中のためになること
その世の中に貢献できる自分のためになること

これはこれからもたくさん始めていこうと思います。

若いころより即効的な効果はなかなか出にくいですが
年齢を重ねて頭脳を使えるようになったため
より正しい方法で筋トレができるようになります。

たとえば
インターバル


腕立てを例にすると
若いころは回数至上主義のもと
100回目指して頑張ったりしていましたが、

いまは10回をゆっくりこなし、
インターバルは30秒から60秒と短くすることで
効果的に筋肉に刺激をあたえられることが分かりました。

ということで
これからも頭も身体も鍛えてよい人生を送りたいと思います。
12-274015-42-05-263.jpg

この記事へのコメント